Front Line ACHIEVUS TRAINING FOR COMPANY

ACHIEVUSというボードゲームを使ったまったく新しい形のチームビルディング研修

こんなことでお悩みの企業研修ご担当者さまへ

  • メンバーの定着率が低い
  • 指示待ちのメンバーが多い
  • チームに活気がない
  • モチベーションの落ちたメンバーが多い
  • エース頼みのグループになってしまっている
  • 短期間でチームをまとめる必要がある
  • 個人の能力にバラツキがあり、ムラがある
  • リーダーの想いがメンバーに伝わらない
  • リーダーが空回りしていると感じる
  • メンバー間の雰囲気がギスギスしている
  • 些細なことでもリーダーが全て判断、指示している
  • チーム内のコミュニケーションが悪く仕事の話以外しない
  • メンバーがあいさつをしていない
  • 何かミスがあると、すぐ犯人探しが始まる

研修に期待できる成果

  • チームワークを超えた感覚(マスターマインド)
    が社員一人一人に育つ
  • お互いの役割、強みと弱みを理解することで
    補完し助け合えるチムができる
  • 一人ひとりが自分らしさを生かして
    チームに貢献
    できるようになる
  • 業務とかけ離れた遊びの中で関わることで
    新しいアイデアが湧いてくる
  • 立場・役職の無いフラットな状態なので
    チャレンジ精神を育てることができる
  • 不屈の精神と思いやりを併せ持ったリーダーが育つ
  • 謙虚さと自身を併せ持ったリーダーが育つ
  • 自立相互支援、助け合う組織文化づくりを助長する
  • コミュニケーションがこれまでの10倍円滑になる
  • 組織を全体最適に向かわせることができる
人が「もっとも成長する」のは
絶対絶命のピンチか、遊んでいる時

ゲームを使った研修が優れた効果をもたらす理由

「遊ばないで勉強」、「遊ばないで仕事」に反論する根拠

  • 遊んでいる時、人はSPONTENEOUS(自然状態)となり脳波はα波となり、もっとも吸収しやすい状態となる
  • 遊びは普段の立場や役割に縛られた関係から一瞬でフラットな関係を作り、コミュニケーションもフラットにすることができる
  • 遊びは業務の責任やプレッシャーから一時開放することで、失敗しても良い関係を作り、チャレンジ精神を養うことができる
  • 遊びで日常の仮面が外れ、「素の自分」が出ることによって、人との関わりの中の自分自身に気づくことができる
  • 遊びは繰り返しやすく、良い習慣を創るきっかけとなり、チームワーク創りの糊しろとなる
⇒ 究極の研修を探求すると「遊び」に辿り着く

一般的なゲームを使った研修との違い

一般的なゲームを使った企業研修

ゲームという特殊なシチュエーションの中で
挑戦やチームワーク、目標達成などは起こりますが
実際の業務に戻ると普段の行動と同じ。つまり研修の効果が
反映されないということが往々にして起こります。

アチーバスを使った企業研修

個人の「認識」が変化し、それに伴い
個人の「行動」「仕組み」「文化」が自然と変化するので
業務の捕らえ方、取り組み姿勢に変化が起き
結果として現実の業務での成果が目に見えて現れてきます。


今すぐ資料請求する

ゲームを超えたゲーム「アチーバス」

「ACHIEVUS」とは
ACHIEVUS(達成)+ US(わたしたち) “わたし”と“あなた”の関係性の中に“わたしたち”を誕生させ“わたしたち”で達成した時、1+1=2という足し算を超えた価値“チームワークを超えた感覚(マスターマインド)”を創造できるゲームを超えたボードゲームなのです。

>> アチーバスジャパンプロジェクト公式サイトはこちら

アチーバス導入研修「フロントライン」のスケジュール例

10:0011:00
仲間と達成する体験
「会社の本質はACHIEVUSである」という原則の理解と体感ゲーム(アチーバスシナジールール)
11:0013:00
リーダーシップへの覚醒と限界を知る
STEP1 /
会社での自分の役割を明確にするワーク
STEP2 /
科学的な自己分析
※ 自己分析のツールは、スタイルアズアリーダー、ストレングスファクターetc
多様性をもった個性を理解するきっかけとなるいくつかの診断方法から会社にあったものを選定
STEP3 /
個性をぶつからせ、お互いを知るゲーム(アチーバスジュニアルール1回目)
STEP4 /
戦略設計の考え方の振返り、強みと弱みの調整
14:0016:00
チームワークえた体験と再現性の分析
STEP1 /
合意形成に向かった全体対話
※ 「チームワークを超えた世界とは?」 「もっとも大切なものは何か?」という考察
STEP2 /
チームワークを超えた体験をするゲーム(アチーバスジュニアルール2回目)全体対話
STEP3 /
体験の振り返り
※ 「1回目とは何が違っていたのか?」(チームワークとマスターマインドの違い)
「会社の業務と照らし合わせた時、何が学べたのか?」(仮想と現実の統合)
「アチーバスをやるように仕事をするとはどのような仕事をすることか?」(ゲーミフィケーション)
STEP4 /
役割のアップデートの考察
※ ステージ2で考えた役割に対してアチーバス体験から得られた気づきを加える
16:0018:00
行動指針&計画
STEP1 /
協働体験を振り返り、通常業務を見つめ直す
STEP2 /
現場でプロジェクトチームを機能させるための考察
STEP3 /
具体的な行動指針および計画作成

※プログラム内容は一例です。御社の目的、状況、課題をヒヤリング後
カスタマイズし、最適な形でご提案さし上げます。

今すぐ資料請求する

フロントラインプログラムの詳細

人数
12名(基本)
※ ご希望の人数にあわせてご提案します。
時間
8時間
※ プログラム例 10:00〜18:00 の場合
対象
・新入社員研修
・部署ごとのチームワーク研修
・中間管理職のためのチーム教育研修
金額
30万円(税別)
※ 人数、時間、運営方法によって変わりますので
詳細についてはお問合わせください。

私たちが最強の企業研修をお届けします!

  • 梅村 武史
  • プロジェクトリーダー

    梅村 武史Takeshi Umemura

    アチーバスジャパン 代表
    能力開発インストラクター
    コミュニティコンサルタント

    協力し合い達成する社会の実現
    アチーバスの普及と浸透のため、全国の企業・地域・教育現場にて 研修・体験イベントを実施し、その影響は確実に広まっている。

  • Jeremy Rayzor
  • ゲーム開発

    Jeremy Rayzor

    アチーバス開発&プロジェクト支援

    モットーは“Educating through the value of play~価値ある遊びを通した教育”勝ち負けの無い協力し合うボードゲーム ACHIEVUSを開発。その他、多数の教育ゲーム開発をしている。2012年、現アチーバスジャパン代表の梅村と運命的な出逢いを果たし、世界にアチーバストレーナーを広げる活動をともにすることを決意する。

  • 花澤 健司
  • プログラム開発

    花澤 健司Kenji Hanazawa

    WORLD SMILES 代表
    組織変容・永続経営コンサルタント
    米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社エンジニア・セールス・経営企画を担当。2010年『みんなで笑えば世界が弾む』を掲げ、プロコーチとして独立する。現在、企業のメンタルパートナーとして、チームの 本領発揮と成果の最大化のためコーチングに加え、会議ファシリテーション・アチーバスを応用したワークショップをクライアントのニーズに合わせ、設計・提供している。

  • 篠田 正宏
  • プログラム開発

    篠田 真宏Masahiro Shinoda

    インプルーバー株式会社会長
    チーフトレーナー
    一般社団法人ファミリービルダー協会理事

    トレーナーとして20年以上のキャリアを持ち延べ5万人以上の人材育成に携わる。企業研修としては大手上場企業をはじめとして、銀行、総合商社、IT、製薬、プラント食品、自動車、保険、損保、映像制作など200社以上の組織変革を担当する。

受講者の声

楽しみながら成長できる素晴らしいゲームです。
自分も他の人の人生も豊かにすることができます。
楽しかったです。アチーバスのゲームと同様
楽しみながら大変気づきのある各講座でした。
新人社員をはじめ、20~30代の社会人に
人生の楽しさを伝えていきたいです。
とても濃い1日でした!!
本当に3日間かと思うほどでした。最高!!
成果の出せるチーム作りを広め
日本の企業体質を変えるキッカケを作りたいです。
一人ひとりが違っていていいんだ!
その違いが最高なんだ!!

導入事例のご紹介

比良 裕介 氏

比良 裕介 氏

QBHOUSEエリアマネージャー

アチーバスはとても素晴らしい教育ツールです。私は現在約60名のスタッフと12店舗を管理しています。独立以来13年間、多店舗の経営をするなかで、人間関係・チームワークの度合いが売上に直結するという確信を持っています。いかにしてチームワークを高めていけるか、様々な思考錯誤を重ねて社内研修や教育の機会を設けて来ました。しかし、私達の業界は職人の世界。専門職としての研修は主体的に参加するのですが、それ以外の『勉強』となるととたんに消極的になり、学習効果も低くなっていることが悩みの種でした。

アチーバスを活用した研修は『教育』や従来の『研修』といった堅苦しさがありません。ベテランから新人まですべてのスタッフが楽しみながらチームワークや思いやりについて体感し、様々な気づきを得られます。また、ナポレオンヒルの『成功の17原則』についても学べることがとても重要なポイントです。この17原則について座学で学ぶとしたらすぐに居眠りしてしまいそうなスタッフ達が、ゲームでの気づきと照らし合わせながら感じたことやこれからの自分の在り方について嬉々として語り合う姿は、まさに感動ものです。また、ゲームをする中で『素』の姿が現れます。

日常の業務の中ではなかなか見ることのできない『素』の状態が現れることで相互理解や相互信頼が高まります。導入後、退社率も激減し、全国チェーンで実施された顧客満足度調査(過去5回の調査のうち4回の日本一達成)や前年対比に明らかな成果として表れています。楽しみながら職場の成果に結びつくアチーバス。これからも積極的に活用し成果に結びつけていきます。

西野 夏枝 氏

西野 夏枝 氏

サービス管理責任者・学校心理士
SAKURA新宿センター

SAKURA新宿センターは就労移行支援事業所という福祉サービスの1つ。様々な障がいを持つ方が通所し、2年間の中で就労を目指しています。

私達のセンターでは技術や資格と同じくらい大切なこととして「コミュニケーション力」は欠かせないと考えています。それは目指すゴールが就職先を決めることではなく、働き続けることであるから。

その為には、どんな場面でも『自分の気持ちを伝えること・相手の気持ちを慮ること・自分も相手も無理をせずに折り合いがつけられること』がとても強みになります。しかし、この力は1人では身につきません。

この力をつけるためには、沢山の人と協力する経験が必要。だからこそ、センターでも、「みんなと課題に取り組む」「誰かと一緒に話し合いをする」といった、自分と他者とで取り組む中での工夫や気遣い、成功や失敗の結果の共有を、安心できる環境で重ねられるようなカリキュラムを多く設定しています。

その中の1つとして、月に一度のアチーバスに取り組んでいます。自分ではなく「私達」を自然に意識して楽しく取り組める時間として、メンバーは心待ちにしている様です。「アチーバス」の大きな声が、また来月もセンターでは聞こえるでしょう。いつも素敵な時間をありがとうございます。

川口 徹 氏

川口 徹 氏

株式会社トランセス 代表取締役
株式会社エス・エス・アイ 元代表取締役社長
(ナポレオン・ヒル財団アジア太平洋本部)
トゥルーノース(ジェームス事務所) 営業顧問
習慣変容メソッドSHM開発者

梅村講師はまわりの人のやる気を引き出すのがとても上手です。
営業時代から目標に対する集中力もピカイチで、期限ギリギリまであきらめませんでした。
その明るいエネルギーに、一緒のチームになった人達は、自分の才能が開花するのを感じたはずです。
脳力開発・自己啓発に対する意識が強く、学び、習得した事をクライアントの成果につなげようと全力を尽くしておりました。

参加者と一体になって成果を追究し、再現性にこだわる梅村講師の研修は、仮に今までの研修で成果が出ていなかった組織でも希望が持てるはずです。
私は長年、教育業界で多くの講師と付き合ってきた経験をもとにした講師の評価基準を持っています。
参加者に「この講師すごい!」と思わせるのは上の中。
参加者に「私はすごい!」と思わせるのは上の上。
梅村さんは私が知る数少ない上の上の講師の一人です。

チームビルディングやリーダー育成、主体性に満ちた組織を創りたいと願う企業担当者の方
一度研修を受けてみられることをお勧めします。ありがとうございます。

杉石 昌代 氏

杉石 昌代 氏

医療法人 マックス
理事・教育担当

職場は、縁あって出会った人が仕事を達成するため協力し助け合い共に成長するところだと思います。
アチーバスの目指すところは、私の職場への考え方に通じるものがあると感じ職員研修に取り入れてみました。
私が携わる医療福祉関係の現場は、忙しい仕事に追われ肉体的にも精神的にも大変です。
気持ちの余裕をもたせることはなかなかしてあげられません。

でもこのアチーバスはゲームです。とても楽しく研修であることを忘れます。
作戦会議では夢中になって話が弾みます。
チームで達成感も味わえます。原則を読み上げながらゲームすることで
なりたい自分の姿を自然に想像しているところもいいと思います。

職員にリラックスした楽しい時間を提供しながらチームワークを体験から考える研修ができる。
やってよかったと思います。

当法人はこれからもアチーバスを上手に利用する事で楽しみながら成長したいと考えています。

今すぐ資料請求する

お問合わせ・資料請求


5/18(木) 17:00~企業研修向け アチーバス無料体験@渋谷開催!|東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F

 

必須項目()をご記入の上、「入力内容の確認」ボタンを押して下さい。

ご紹介トレーナー名
お問合わせ種類(
  • 新人研修
  • 幹部研修
  • チームビルディング
  • プロジェクトリーダー養成
  • メンタルヘルス
  • その他
資料請求(無料) 資料を請求する
お名前(
ふりがな( せい めい
会社(団体)名
電話番号( (例)03-5767-8111
メールアドレス(
メールアドレス確認用(
ご希望の連絡方法(
  • Eメール
  • お電話
  • どちらでも可
ご連絡希望時間
(お電話をご希望の方)
(例)10:00〜12:00まで
お問合わせ内容(